誰でも利用可能

Nursing job

誰でもが使えるようになりました紙から伝送へ

昔は紙レセプトと言って手書きで書いた紙を介護保険の請求として提出していました。それが最近ではインターネットを使った伝送システムが出来上がり、インターネットにより電子証明書を取得すればどこからでもレセプト請求ができるようになりました。今まで手書きで行っていたものを伝送により送れるようになった事はかなりの進化であり、やっとこれで全てのレセプト請求が伝送出来るようになりました。セット請求をする場合のソフトを使うお金は最近では無料が多くなりレセプト1回につき何枚を送るかによって、月々の支払い価格が変わる従量制になっています。伝送システムは、使い勝手が良くどのソフトウェアでも同じ価格で遅れます。最近では数百円から数千円とかなり安い設定になっています。

未来も変わる手軽さが最高

この伝送システムにより、レセプト時間の短縮はもとより人件費も削減できるようになりました。今まではレセプトをするだけで、それ専用の人が必要になりましたが仕事の合間にレセコンを使って、レセプトを作ると言うように、使い勝手の良さも誰でもが扱えるように進化してきました。これによってソフトウェアを開発する側にとっても低コストのソフトウェアとハードウェアを提供することが大切となり、開発競争が盛んに行われました。低価格はもちろんなこと使い勝手の良さや誰でもが扱える簡単さが求められるようになりました。低価格といっても月々にかかるコストは発生しますが、人件費と比べるとかなりの削減になっています。全てのチェック機能がボタン1つで出来るような簡単さは、今までの紙レセプトを考えると時間短縮にはもってこいです。