介護者をサポート

ヘルパーさんをサポートする役割

介護ソフトで訪問介護の機能が重要な役割を果たしています。私の母は一人暮らしで、私は近くに住んでいないので介護福祉施設の訪問介護を利用しています。週3回の入浴や買い物ををヘルパーさんに依頼しています。ヘルパーさんは、母の話相手にもなってくれるので、遠方に住んでいる私にはすごく有難いサービスです。ヘルパーさんは多忙だと思います。介護ソフトの訪問介護機能は、多忙なヘルパーさんが効率的に働けるサポートになっていると思います。ヘルパーさん毎のスケジュール管理や、患者さん毎の利用サービス・症状の履歴といった情報が一元管理できています。介護ソフトを見れば、1日の予定もたてられるし、請求書も印刷でき、ヘルパーさんが効率的に働けるサポートする役割になっています。

介護ソフトの訪問介護機能の利用料金と今後の機能拡充

介護ソフトの訪問介護機能の利用料金は、低価格なASPサービス(アプリケーション・サービス・プロバイダサービス)で500円以内という料金設定があります。ASPサービスとは、ソフトウェアを購入するのではなく、必要な機能だけを毎月レンタルするというサービスです。患者さん1人あたりの訪問介護で利用する場合の利用料金だと考えてください。この料金で、患者さんのスケジュール管理やまた月末の請求書を印刷したりできる機能が含まれます。今後は介護ソフトの訪問介護機能も多様化していくと思われます。訪問介護の患者さん毎に通信モジュールを介して、離れた場所にある福祉施設で身体の状態(心拍数、血圧等)のデータを取得でき、そのデータを元に緊急訪問が必要とか色んな利用が普及される事が期待されます。

誰でも利用可能

Nursing job

これからどんどん介護事業の拡大が予想されています。レセプト請求などを行う場合など、色々な面で伝送システムを利用すれば、介護職におけるコスト削減が可能になっています

Read More


伝送について理解を

Nursing job

情報や知識が欲しい場合や、動画や画像を閲覧する場合にはインターネットを利用していることが多くあります。そういった場合には、伝送が関係しているのです。伝達についてよく理解しておきましょう。

Read More


ソフトウェアを使用する

Nursing job

現在では介護保険報酬の請求は伝送や磁気媒体を使って行われています。伝送を行うにはISDN回線が必要になりますが、伝送ソフトを提供している会社を通じて行う場合は、インターネット回線を使用して行うことも可能です。

Read More